×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

美白 食べ物

美白といえばビタミンC

美白といえばビタミンCと、やはりそう思ってしまいます。ビタミンCが含まれる食材となると、レモン、キウイ、イチゴは代表的。

ブロッコリー、カリフラワー、ピーマンなどにも含まれているということです。日常的に手に入りやすく、また調理しやすいものが多いですよね。レモンを生でというのは結構きついですが、レモンからとったビタミンCを多く含む飲料水や、アセロラのものなどもビタミンCが豊富に含まれています。

なんといっても、毎日の食生活の中に取り入れ、日常的に要素を吸収していくことが大切だと思います。たとえば、サプリメントなどで大量に摂取しようとした場合、ビタミンCは水溶性ですので、すぐに体内から出て行ってしまいます。なので、毎回の食事で均等に割合よく摂取していくことが大事です。

ビタミンC以外の要素

ビタミンC以外では、ビタミンE、ビタミンB2、コラーゲン、リコピンなども美白に効果をあげる要素として取り上げることの出来る代表的なものです。老化などの抑制に効くといわれるビタミンEも、その一つ。南瓜やごま、イワシ、シシャモ、アーモンドなどに多く含まれています。こちらは脂溶性ビタミンの一種で、ビタミンCを共にとると効果的です。さらに豚や牛、鶏肉、そのレバーなどには、ビタミンB2も多く含まれ、こちらも美白への効果を期待できます。こうして見ると、日常的に調理し、食すことの出来る食材が多くあって、力強い味方となってくれることが分かります。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?